乳酸菌とビフィズス菌、どっちのサプリを選ぶ?

乳酸菌とビフィズス菌
近年、腸が美容と健康に大きく関係していることがわかってきました。「腸活」という言葉も生まれ腸内環境を整える方法に注目が集まっています。

腸内環境を整えるものと聞いて一番に乳酸菌を思いつく方も多いのではないでしょうか。そうです、乳酸菌は腸に生息していて体に良い働きをしてくれる「善玉菌」の代表なのです。

今ではヨーグルトや乳酸菌飲料にとどまらず、チョコやアイスなど身近な食品からも乳酸菌を摂取できるようになりました。

とはいえ、毎日の食事から十分な乳酸菌を摂るのは大変ですね。そこで今注目を浴びているのが乳酸菌サプリです。

食品からではなかなか摂取できないような数の乳酸菌を手軽に摂ることができます。乳酸菌の数が多いほど腸の調子を整えるのに役立つと言われています。

そんな腸内環境を整えるサプリを試してみたいと思ったとき、もうひとつ気になる菌がありませんか?
ビフィズス菌もまた腸に良いと広く知られていますよね。

では乳酸菌とビフィズス菌、どっちを摂るのがいいのでしょう?どちらも腸内環境を守る善玉菌の一種なのですが、実は大きな違いがあるんです。

乳酸菌は発酵によって乳酸を作り出す細菌であり、それによって腸内環境を整えてくれます。

一方、ビフィズス菌は、乳酸菌と同じように発酵によって乳酸を作り出すだけでなく、強い殺菌力を持った酢酸を生み出すことができるのです。

酢酸は乳酸よりも酸性度が高く、悪い菌(悪玉菌)を殺す殺菌力が高いと言われています。つまり便秘などの原因でもある悪玉菌の増殖を抑えるという点で、整腸作用としては乳酸菌よりもビフィズス菌の方が優れていると言えるでしょう。

じゃあ乳酸菌よりもビフィズス菌を摂った方がいいのでしょうか?それが、一概にそうとも言えないのです。

乳酸菌には腸内でビフィズス菌が棲息しやすい環境を作るという働きがあるのでやはり腸内環境を良くするにはビフィズス菌と乳酸菌をバランスよく摂ることが大切なのです。

また、乳酸菌は整腸作用以外にも免疫力アップや、花粉症予防などの効果も期待できますよ。腸内の善玉菌は日々排出されていきます。

腸内環境を整えるためにも乳酸菌は毎日補給していきたいですね。乳酸菌サプリで毎日手軽に続けられる腸活をはじめてみませんか?

乳酸菌で長年の便秘を解消しました!

乳酸菌サプリで便秘解消
乳酸菌と聞くと皆さんはまず何を思い浮かべますか?多くの方が、腸にいいものだと認識しているのではないでしょうか。

乳酸菌は腸内で元気に働いて、お腹を刺激してくれるので体に良い働きをしてくれます。なので便秘にも効果があるということです。

便秘は本当に辛いですよね。私は週に1回出るか出ないかという便秘に長期間でなったこともあり、あの便秘の苦しい感じだったり吐き気を催してしまうのも凄く分かります。体重も10キロくらい増えて辛かったです。

自分的には毎日同じ決まった時間にトイレに行って何とかお通じがあるようにと頑張ったり、お通じに効果のある食べ物を食べたりしていたのですが全く効果がありませんでした。

そんな時に出会ったのが乳酸菌サプリです。乳酸菌と聞いて、私は習慣的にヨーグルトを食べる生活をしているのですがこれでは便秘に全く効果がなかったので、サプリにしても変わらないのではないかなと思っていました。

ですが、凄くお勧めされるので実際に飲んでみると凄くお腹に効果がありました。まず、飲んでみて思ったのは効果が早いです。

飲み始めた日、飲んでから3時間くらい経ってお腹がゴロゴロ言い始めました。最初は驚いていたんですが、様子を見てみるとその後お通じがありました。

便秘だとどうしても出しても残っている感じというのがあって、不快感があったのですが乳酸菌サプリを飲み始めてから凄くすっきりして私的には素晴らしいなと思っていました。

それからは習慣的に飲むようにして、2日に1回は出るようになっていきました。私は結構精神的に何かあるとお通じがでなくなってしまうので、今までほとんど仕事のある平日はお通じが出なかったのですが、乳酸菌を飲んでから常にで続けるので凄いなと思いました。

体の中にたっぷりあった悪玉菌が乳酸菌を摂ることによって善玉菌に変わったのかなと思っています。体重も減りやすくなりましたし、何よりも肌あれがすごく減りました。

便秘は体調までもを変化させてしまうので、しっかりと出すことも大事なんだなと学びました。