乳酸菌でダイエット?痩せるには種類やタイミングが重要

乳酸菌とダイエット。一見すると全く無関係の様に感じますが、実際には乳酸菌の働きによって腸内環境を整えれば、快便になってダイエットにも好影響を与えてくれます。

しかし、乳酸菌と一言で言っても種類は多種あり、効果的な摂取の方法もあるのです。

乳酸菌で痩せるメカニズム

食事の制限や運動など、ダイエットに効果的な方法は幾つかあります。しかし、共通して言えることは、単に痩せる事ではなく「健康的」に痩せる事が最も重要な事柄になります。

乳酸菌の場合、体に何らかの負担を掛けることを目的としておらず、むしろ腸内環境を整え善玉菌を増加させることで快便を促すため健康的に痩せられる訳です。

一方、便秘は体重増加の原因と考えられています。何故ならば、「便」すなわち体内の不純物が堆積される事で、体の基本的な代謝は悪くなり、新たに腸内に入ってきた食物等を消化する効率も低下してしまうのです。

特に、本来なら排出される脂肪分や糖分がうまく排出されず、腸内で吸収されやすくなってしまうので太りやすくなってしまいます。

また、腸内環境が悪化すると自律神経の乱れにも繋がり、様々な代謝(血液循環、老廃物の排出等)にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

つまり、腸内環境を整える乳酸菌は、便秘を解消するとともに代謝を促し、痩せやすい体へと健康的に変えてくれるのです。

それぞれの乳酸菌の種類と効果

乳酸菌は様々ありますが、ダイエット向きなのは「ビフィズス菌」になります。この乳酸菌はそもそも腸内に存在している善玉菌で、ビタミンKやビタミンBの吸収を促し、不純物を体外に排出させる事により腸内環境を整えててくれます。

また、「ガセリ菌SP株」も同様に見逃せません。この菌もビフィズス菌同様腸内環境を整えてくれますが、内臓脂肪の減少にも効果があるとされ、ダイエットに非常に効果的です。

その他にも、「ヤクルト菌」や「ブルガリクス菌」等も効果的であるとされています。いずれにしても、腸内環境を整える事でダイエットに繋がるので、使われているそれぞれの乳酸菌の働きに注目して商品等を選ぶと良いでしょう。

効果的な摂取方法

乳酸菌が効果的に働くためにも、食事とともに摂取する事が勧められます。

何故ならば、ほとんどの乳酸菌は胃酸によって死滅してしまうためで、乳酸菌単体で摂取してしまっては乳酸菌が腸内まで届かなくなってしまうからです。ですから、食後のデザートとして乳酸菌を摂取するるようにすると良いでしょう。

また、日中よりも夜間(PM22時~AM2時頃)の方が胃腸の働きが活発なので、そのタイミングで食べることも重要なので、昼食や朝食の後よりも夕食後がより効果的です。

更に、乳酸菌は38度~40度あたりで最も活動的になるとされているので、ホットヨーグルト等温かい状態で食べることもおすすめです。

ただ、乳酸菌を用いた商品の多くはカロリーが高くなる傾向が強いので、ダイエットを考えるならばノンシュガーのものを選ぶと良いでしょう。