医薬部外品の育毛剤は劣っているという誤解を正す

皆さんは医薬品と医薬部外品の違いを説明出来ますか?言葉は聞いたことがあってもその定義を説明するのは難しいのではないでしょうか。

医薬品とは、病気症状の予防や治療を目的として製造されています。動物実験や被験者による実験を経て認定され、有効性や安全性の厳しい保証が必要となります。

医薬部外品は医薬品よりも効き目が緩やか、症状の改善に効果がある部質は含まれていますが医薬品ほど厳密な効果の立証性は求められていません。

また医薬品は、医師による処方箋や薬剤師による説明が必要になり一般人は簡単に手に入れることができません。

医薬部外品は、コンビニやスーパーといった小売店でも購入できますし、薬剤師による説明も義務化されていません。医薬部外品の方が簡単に手に入り、取り巻く規制が緩いという特徴をもっているのです。

そう聞くと「医薬品に比べて医薬部外品は劣っている」と思う人が多いようです。ですが、一概に優劣をつけられるほど簡単な話しではありません。

まず、医薬部外品は有効成分さえ含んでいればなんでもありというものではありません。医薬部外品を製造販売するためには、厚生労働省の定める医薬部外品製造販売業許可を取得しなければなりません。

この許可を満たすためには、責任製造者の設置や製造施設に求める要件などが細かく定められています。つまり、適当な業者が医薬部外品を製造販売することは出来ず、一定の品質クオリティが国の許可によって担保されていると考えるべきです。

その他に副作用の問題もあります。医薬品は効き目が強いという反面、人体に劇的に作用することで副作用をもたらす恐れが高くなるリスクを孕んでいます。医薬部外品は効き目は緩やかな分副作用の影響も少ないと考えられます。

このように、医薬部外品の育毛剤は医薬品の育毛剤の劣化バージョンではありません。それぞれ別個の特徴を持った育毛剤なのです。

風邪薬でも、すぐ効くけど口に苦い劇薬とゆるやかな効き目でも飲みやすい薬を症状や利用者の体質によって使い分けますよね。

育毛剤も同じこと。個人個人の体質や症状が違うので、どちらが優れているかというものではなく、どちらが向いているかで使い分けていくべきなのです。

医薬部外品と医薬品の育毛剤でどちらを利用するか迷った場合、医師や薬剤師に一度相談してみるといいかもしれませんね。

薬の成分や効果を発揮するポイントをアドバイスしてもらい、自分に合った育毛剤を選びましょう。どちらの育毛剤にも共通するのは、3か月は継続使用して欲しいということです。

薬の効き目は一日では表れません。育毛剤は継続して利用することで体質を改善していくものなのです。

【関連】https://ikumoufirst2018.com/